最近話題のアクティブラーニングとは?

アクティブラーニングでお子さんの学習意欲をグングン伸ばす!

今更聞けないアクティブラーニングとは?

お子さんの教育に良いと言われているアクティブラーニングですが、具体的なメリットなどのような点でしょうか。 ここでは特徴だけではなくメリットについて公開しています。これからお子さんにアクティブラーニングを学ばせようと思っている方は参考にしてみてください。

気をつけたいポイントもあります

非常に有効な教育カリキュラムであるアクティブラーニングには、どのようなデメリットや注意点はあるのでしょうか? 伸び伸びとした教育方法はメリットばかりの様ですが、実際はそうはいきません。生徒側、そして教員側に考えられるデメリットを紹介しています。

実際にどんな効果があったの?

アクティブラーニングを取り入れた学校のビフォー・アフターを公開しています。 想定できた内容はもちろんですが、思いもよらないメリット・デメリットがあったので合わせて確認してみてください。その上で導入検討しても良いといえます。近年ではアクティブラーニングを取り込んだ学習塾なども多くあります。

導入するとどんなメリットがあるのか?

お子さんから「今度の授業にアクティブラーニングをするみたい!」と言われたが、イマイチよくわかっていない。教育関連で使われている新しい取組みや、何らかのカリキュラムだという事は理解しているという方が多いのではないでしょうか。
アクティブラーニングとは2012年に公共の機関へ提出された、新しい教育プログラムの一種です。これまでの学校での授業、及び教育というのは、教員が一方的に生徒へ教えるといった受動的なものでした。
しかしアクティブラーニングは全く逆の能動的、すなわち生徒と教育が適切なコミュニケーションを取りながら知的成長を促すスタイルなのです。教科書を見る、読むだけではなく「なぜそうなったのか?」「どうしてこの方法なのか?」といった疑問や問題を発見し、それを調べていく学習方法です。
この方法が大学から高校、中学、そして小学校でも展開される事で、子どもの知識意欲をくすぐりより学ぶ事を楽しめるのです。ちなみに学校によってアクティブラーニングを取りこんでいる時間が異なり、とある学校では学校での活動すべてがアクティブラーニングに繋がっているところもあります。
アクティブラーニングは単に勉強をするだけではなく、生徒同士のコミュニケーションや社会性を学べますし、社会的能力、倫理観といった様々な要素を学べるのです。今回はそのアクティブラーニングのメリット・デメリットといった特徴を説明していきたいとおもいます。